つらい膝(ひざ)の痛みをあきらめない!トリガーポイント治療と運動法!

こんにちは。

 

今年は、寒くなったり熱くなったり忙しい天気ですが

皆さんお元気でしょうか?

 

今回は、膝の話です。

 

膝の痛みを抱えている人は、

40歳以上で60パーセント以上と言われています。

その中でも、特に女性に多い痛みです。

 

歩くと痛い

階段降りる時に痛い

正座ができない

 

など

 

日常生活に支障を来している方が多いのではないでしょうか。

 

病院では、

変形性膝関節症と診断される事が多い症状です。

 

加齢によって、膝の軟骨が擦り減ってしまい痛みが、出てしまうと説明される

事が多いでしょう。

「老化だからしょうがない」

 

よく聞く声です。

 

ちょっと待ってください!

その痛み、もしかすると軟骨だけが原因ではありません。

 

膝の痛みには、以前お伝えしました、

筋肉の痛みの原因 トリガーポイントが関係しています。

 

症状別に、トリガーポイントをお伝えします。

 

◆正座ができない

 

太ももの前側の筋肉の緊張がゆるめば良くなる場合があります。

特に膝のお皿周りの筋肉には、ハリ治療が有効です。

 

↑が大腿直筋のトリガーポイントになります。

 

◆膝の内側が歩くと痛い

 

膝の内側には、筋肉のスジが集まっている鵞足と呼ばれる部分があります。

鵞鳥の足そっくりなので鵞足と言います。

この鵞足が、炎症を起こしやすいため、膝の内側の痛みを訴える方は多いです。

 

◆膝の外側が痛い。

外側の痛みは、膝のみではなく、股関節周りのトリガーポイントも関わります。

↑小臀筋、中臀筋のトリガーポイント

 

これらのトリガーポイントを治療して、

痛みがラクになってきましたら、

膝のサポーター代わりの筋肉をつけます。

 

◆膝の痛みには下記の運動がおすすめです。

膝の痛みに効くトリガーポイントの具体的な場所や、

体操を知りたい方は、お気軽にご連絡下さい。

 

鍼もマッサージも無料体験実施中です。

無料体験・お問い合わせはこちら

・ひとりでの通院はむずかしい
・介護保険の枠がいっぱいだ
・家族が寝たきりにならないか心配だ


このようにお悩みの方は、訪問鍼灸・リハビリ・マッサージの無料体験をお試しください!


0120-963-547
9:00~18:00(定休日:日曜)