【全体として】
情報の網羅性と理由を明示を意識してリライトをお願いしたいです。

パーキンソン病になる原因→病気になったら何が大変なのか?→どんな治療方法があるのか?→どんな課題があるのか?(なぜ投薬治療や病院でのリハビリだけでは不十分なのか)→どんな解決方法があるのか?(なぜ訪問リハビリがいいのか?)→まず何から始めたらいいのか?(無料体験をしてみよう)→今すぐお問い合わせ

【気をつけたいポイント】
高齢者のご家族は動かなくなった身体や介護への不安でとてもセンシティブな状況だと思います。そのため、話題は不安になるようなテーマより希望を持てる内容を選び、専門性と分かりやすさを両立し、言葉尻等は思いやりが感じられる雰囲気でまとめたいです。

【構成について】
緑は修正したところです。このようなニュアンスはどうでしょう?というレベルなので更に修正していただいて構いません。

パーキンソン病と診断されたら

パーキンソン病とは

パーキンソン病は主に中年以降に発病する脳の病気で、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少することで下記のような症状が起こると考えられています。

パーキンソン病の主な症状

脳内で運動や動作の情報を伝える際に必要なドーパミンが減少するため、代表的な症状として以下の4つがあります。

・手足がふるえる
・筋肉が固くなりスムーズに動かせなくなる
素早い動作が難しくなる
バランスが取れず転びやすくなる

その他、顔の表情がなくなる、話しづらくなる、歩くときの踏み出しが難しくなる、などの症状が見られます。病状が進行すると、一人で歩くことが困難になり介助が必要になる場合もあります。

治療

根本的な治療法は見つかっておらず、かつては「不治の病」や「寝たきりになる」などといわれていたパーキンソン病ですがましたが、今日では様々な治療薬の開発によって治療効果ははるかに改善されました。結果、治療を続けながら日常生活を送るされている方がたくさんいます。

パーキンソン病の主な治療は以下の3つです。

・薬物療法:ドーパミンを補う
・手術:体内にペースメーカーのような装置を埋め込む脳深部刺激療法など
・運動療法:リハビリテーション

薬物療法について

概要・効果・メリット・デメリット・費用など

手術について

概要・効果・メリット・デメリット・費用など

リハビリについて

概要・効果・メリット・デメリット・費用・病院で行うリハビリと訪問リハビリの違いなど

(病院で行う理学療法士によるリハビリ
→立つ・歩く・顔を洗う・食事をするなど日常生活での自立を目指すリハビリ、自主的に行う、介護保険

訪問リハビリ等のあんまマッサージ師によるリハビリ
→機能回復を目指すリハビリ、施術者によるマッサージやストレッチを含む、医療保険適用可)

 

病院で薬物療法や手術を行うことは必要ですが、実は、リハビリを行うこともとても重要なんです。(↑その理由がわかる説明が欲しいです。)

パーキンソン病は病気が進行すると身体が思うように動かなくなるので、毎日できるだけ身体を動かす必要があります。(→投薬や手術の他にも、定期的に身体を動かすことでパーキンソン病の進行を抑えられるということでしょうか?)

リハビリを行おう
→唐突な感じがあるので「まずは、手軽なリハビリから始めよう」みたいな感じで理由を明確にしたいです

(内容が重複しているので別の角度からリハビリの必要性や手軽さ、問題点に触れる。例えば、リハビリは大事です→リハビリのため毎回病院に連れていくのは大変/費用がかかる/介護保険枠がいっぱいなどの悩みがある→訪問リハビリという選択肢もありますみたいな

ここまで述べたとおり、薬物療法や手術と同様にリハビリは(なんのために)重要な働きをしますですパーキンソン病になると身体が思うように動かなくなります。リハビリを行い体を動かすことで、症状を改善させたり和らげたりすることが期待できます。

パーキンソン病と診断されたら、すぐに(すぐってどれくらい?)リハビリを開始することをおすすめします。(なぜ?)すぐに(どれくらいの期間?)行うことで、症状改善や進行を遅らすことが期待されます。

とにかく、パーキンソン病には動かすことが重要です。(どうやって動かしたらいいの?適当な体操でもいいの?なぜプロにお金を払ってリハビリを頼んだ方がいいの?ドーパミンが原因なら根本的には何も変わらないのでは?)

マッサージや鍼灸も効果的
→リハビリやパーキンソン病との繋がりが薄く、急に始まった感があるので繋がりを意識してリライトお願いします。
マッサージや鍼灸を合わせた施術が
運動の効果を引き出すために効果的だ、とか。

 

片麻痺の状態は、筋筋肉や関節が硬くなったり、筋肉の動きが低下しています。しかし、リハビリの前にマッサージを行うことで、硬くなった筋肉をほぐし痛みや痺れを緩和させたり、筋肉の収縮力を高めることができるので、筋肉が硬い状態で体を動かすよりもマッサージ後にリハビリを行った方が、曲げる痛さも軽減され、リハビリの効果も高まります。

脳梗塞と訪問リハビリ

 

リハビリは筋肉が固くなり動きにくくなることの予防・改善となりますが、マッサージや鍼灸は症状緩和に効果的です。

 

マッサージや鍼灸を行うことで、手足のふるえが減る、歩いている時のふらつきが減る、筋肉のこわばりやコリが軽くなる、足がスムーズに動く、などの効果が期待できます。

 

リハビリもマッサージ・鍼灸も、長期に続けることをおすすめします。症状が悪化しないので途中でやめてしまうと、悪化してしまうかもしれません。

継続的な施術で、パーキンソン病を乗り切りましょう。