ロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防

こんにちは!

今回はロコモティブシンドロームについて書かさせて頂いています。

加齢や運動不足などで、立つ、座る、歩くなどの動作が大変になっていませんか?

特に何もしていなければ、徐々に身体が衰えロコモティブシンドロームといって

運動器の障害のため、立つ、座る、歩くなどの動作に支障をきたしてしまいます。

 

運動器の障害は、身体の筋力低下や関節可動域の減少などの機能低下と、

脊柱管狭窄症や変形性膝関節症などの疾患によるものがあります。

 

そこで、運動器が衰えていないかチェックしてみませんか?

 

①片脚立ちで靴下が履けない。

②家の中でつまずく。

③階段を上がるのに手すりがいる。

④やや重労働の家事が困難。

⑤2キロ程の荷物を持ち歩くのが困難。

⑥15分程の連続歩行が出来ない。

⑦青信号中に横断歩道を渡れない。

 

1つでも当てはまるとロコモティブシンドロームの可能性があります。

予防のために、片脚立ち、スクワット、カーフレイズなどの運動が勧められています。

 

他にも、日常であまり車やエレベーターを使わずに、歩いたり階段を使うなど運動習慣を

つけていきましょう。

 

運動習慣を改善することでロコモティブシンドロームを改善していきましょう!

無料体験・お問い合わせはこちら

・ひとりでの通院はむずかしい
・介護保険の枠がいっぱいだ
・家族が寝たきりにならないか心配だ


このようにお悩みの方は、訪問鍼灸・リハビリ・マッサージの無料体験をお試しください!


0120-963-547
9:00~18:00(定休日:日曜)