【全体として】
「筋力低下が寝たきりや転倒等を誘引してしまうので、年寄りだから仕方ないと諦めてしまう前に、リハビリで運動機能を取り戻しましょう。」→「そのためにとても便利なサービスがありますから、まずは無料体験に申し込んでください」という所を落とし所にしたいです。

【気をつけたいポイント】
高齢者のご家族は動かなくなった身体や介護への不安でとてもセンシティブな状況だと思います。そのため、話題は不安になるようなテーマより希望を持てる内容を選び、専門性と分かりやすさを両立し、言葉尻等は思いやりが感じられる雰囲気でまとめたいです。

【構成について】
緑は修正したところです。このようなニュアンスはどうでしょう?というレベルなので更に修正していただいて構いません。

「寝たきり」は筋力低下のもと
→「筋力低下は寝たきりのもと」という構成の方が話の筋がわかりやすい気がします

の骨や筋肉は、日常生活で動かすことでその力強さを維持しています。

しかし、病気やケガで安静状態(寝たきりなど)が長くなったり、片麻痺や関節拘縮で手足を動かせなくなったりすると、筋力が低下してしまい、(どのようになってしまうのか?)しまいます。

「筋肉は使わないと失われていく」のです。特に寝たきり状態では筋肉を使うことが少ないので、筋力低下が進行してしまいす。

例えば、足の筋力が低下すると歩行や立つことが難しくなったり、足がもつれて転倒のリスクが大きくなります。背中の場合はまっすぐ座れない、手の場合は重い物を持てなくなる、など、筋力が低下すると日常生活をおくるうえで様々な問題が起こります。(転倒やその怪我による寝たきりを引き起こす可能性にも触れてほしいです)

特に高齢者では、1週間の寝たきり状態で10〜15%、2週間で20%の筋力が低下するとも言われており、健康的な生活を継続するために筋力の維持・回復はないがしろにできない重要なケアなのです。

廃用症候群には注意
→なぜ廃用症候群に注意しないといけないのか、廃用症候群の何が怖いのかを明確にしてリハビリ繋げて欲しいです。

廃用(はいよう)症候群という言葉を聞いたことはありますか?

廃用症候群とは、簡潔にまとめると、病やケガなどの治療のため安静状態寝たきり状態が長期化すると、身体能力の大幅な低下やうつ状態等精神面への悪影響が現れる症状のことをいいます。

廃用症候群になり寝たきり状態になると、手足を動かすことが一層億劫になってしまいます。つまり、「身体を動かさない」ことが「筋肉や内蔵の機能の低下」や「精神的な不安」を招き、より「身体を動かすことが億劫になる」という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

そのため、本人が筋力低下を自覚する以外に、寝たきり状態が続いたり、手足を動かさない状態が続き、筋力量が減少したことで手足が細くなってきたと感じたら、周りの方から定期的な運動やリハビリ(運動機能訓練)を勧めることも重要です。よって本人以外の周囲の方も、手足が細くなってきたと気づいたら、筋力低下を疑ってください。

病気やケガ以外にも、高齢者になると関節の痛みやしびれなどで動くのが億劫になることもあります。動かさないことが廃用症候群の原因になることもあります。

筋力が低下したら(手足が細くなってきたら)

本人が筋力低下を自覚する以外に、寝たきり状態が続いたり、手足を動かさない状態が続くと、筋力量が減少したことで手足が細くなります。よって本人以外の周囲の方も、手足が細くなってきたと気づいたら、筋力低下を疑ってください。

重要なことは動かすこと

筋力低下の対処で重要なのは、動かせる範囲で動かすことです。動かすことで骨や筋肉が刺激され、骨密度や筋力を回復させることもできます。

高齢者の場合、衰えた筋力を取り戻すのは難しいです。歩けない・座れない状態まで筋力が低下する前に、動かして筋力を維持したり、低下をおさえる必要があります。

 

こんな時は筋力低下を疑おう
 →筋力の低下が気になったら、など「改善するにはどうしたらいいか?」に触れて欲しいです。

・寝たきり状態、または寝たきり状態になりつつある
・脳卒中などの後遺症(片麻痺など)で動かせない
・手足が細くなってきたように感じる
・骨折の治療でギブス固定をしていたなど、ケガで一定期間動かしていなかった
・あまり動いていない

では、上記のような状態の時、筋力の回復をどのように行ったら良いのでしょうか?

まず、筋力低下の対処で重要なのは、動かせる範囲で動かすことです。動かすことで骨や筋肉が刺激され、骨密度や筋力を回復させることもできます。歩けない・座れないといった重度の筋力低下になる前に、動かして筋力を維持・回復を目指す必要があります。

特に高齢者の場合、衰えた筋力を取り戻すのは容易ではありません。(なぜ?どうしたら良い?)

リハビリやマッサージが効果的
→筋力が低下した高齢者の寝たきりを防ぐ手軽な方法とは?など自然な流れでリハビリに繋げて欲しいです。

特に高齢者の場合、寝たきりなどで身体を動かさない状態が長くなると、筋力低下だけではなく関節拘縮(関節が硬くなり動かしにくくなる)になってしまうため、自身やご家族だけで運動機能を回復させることが困難に思えることもあります。

関節拘縮の予防も兼ねて、筋力が低下したと思ったら訪問リハビリ、訪問マッサージをご検討ください。(なぜ訪問リハビリ・マッサージがいいの?→健康保険が使える、安い、送迎がいらない、国家資格を持った人が来る、マッサージを合わせて行うと回復効果がアップするなど)

(リハビリとしては、「立ち上がる」「座る」「歩く」「階段を上る」などの日常的な運動があります。訪問リハビリ時以外でも、日常的にできる運動は積極的に行うようにしましょう。

また、片麻痺や関節拘縮などで動かせない場合でもマッサージを行うことで、筋肉を刺激させて筋力低下をおさえることにつながります。)

無料体験への誘導