ハリ治療のすゝめ

こんにちは!

 

皆さんは、桜見行かれましたか。

今年は、映画「北の桜守」の影響もあってか、

殊に北海道の桜が見直され注目されたようです。

 

今回は、ハリ治療についての記事を載せます。

 

「はり」   と聞いて皆さんは、どのような想像をされますか?

 

針と言えば、

縫い針

注射針

 

痛そうなイメージですね!

 

しかし、

 

鍼治療のはりは、

髪の毛ほどの、

細〜い太さです。

 

思っていたよりも痛くない!

蚊に刺される程度だね!

えっ!今刺したの?感じなかった。

 

注射よりは、痛くない治療です。

 

それでは、

はりは、マッサージとは何が違うのでしょう?

 

はりは、

マッサージでは届かない、

深い筋肉まで刺激ができます。

 

また、マッサージにはできない、微細な刺激によって、

からだに色々な生理的な作用をもたらします。

 

筋肉や関節の痛みはもちろん!

 

自律神経のはたらきにも作用します。

 

自律神経とは、

簡単に説明しますと、

 

意思に関係なく動いている神経です。

 

例えば、

心臓を動かそうとしたり、

呼吸を調整したり、

内臓を活動させたり、休めたり、

 

これらは、意識して動かしてはいませんね。

 

自律神経は交感神経、副交感神経の2種類あります。

 

これも簡単に説明しますと、

活動する局面では、主に交感神経

 

リラックスする局面では、副交感神経

 

それぞれ分担しています。

 

これらは、寝ていようが、勝手に調整されています。

 

 

この自律神経が、ストレスにさらされると、

常に緊張した状態の交感神経が優位の状態になってしまいます。

 

それによって起こる、

冷え性

気怠い感覚

不眠症

肩こり

風邪にかかりやすくなる

 

などなど

 

不定愁訴と言われる

 

原因はハッキリしないが、症状がある状態になります。

 

 

このようなよくわからないけど調子が悪い自律神経の問題や、

 

マッサージでは届かない、深い筋肉の治療をハリ治療で行えます。

 

また、当院では、

 

鍼に微弱な電流を流す、

パルス通電療法も行なっております。

えっ!

鍼に電流!

 

いかにも恐ろしい感じがしますが、

実際には、痛みや痺れる感覚はなく、

 

トントントントン

 

と軽く刺激される感覚で、

気持ち良さのあまり、

眠ってしまう場合もあります。

 

 

このパルス通電療法によって、

筋肉を適度に動かし、血流を良くすることにより効率よく筋肉がゆるみます。

 

またそれぞれの症状に合ったツボを選び、

ヘルツ数や頻度を目的に合わせ、調整することによって、

自律神経の調整ができます。

 

 

今まで、色々な治療をやったけど治らず、

諦めていませんか?

 

東洋医学の長年の研究によるツボの効果と、

電気刺激による自律神経への調整によって、

体質から改善できる可能性がハリにはあります!

 

次回から、具体的にどのような症状が。良くなっていくかを、

症例からご紹介します。

 

もっと知りたい!よくわからない!

どうぞお気軽に施術師におっしゃって下さい。

 

 

施術師S.K

無料体験・お問い合わせはこちら

・ひとりでの通院はむずかしい
・介護保険の枠がいっぱいだ
・家族が寝たきりにならないか心配だ


このようにお悩みの方は、訪問鍼灸・リハビリ・マッサージの無料体験をお試しください!


0120-963-547
9:00~18:00(定休日:日曜)