外反母趾の予防と緩和方法について!

こんにちは!

 

今回は母趾の付け根が出っ張ったり、

腫れや痛みが出る外反母趾の予防と緩和方法

について書かさせて頂きます。

 

先の細いハイヒールを履く女性に多く、

足趾に力が入らず母趾が圧迫されてしまうためと

いわれています。

つま先にゆとりのある靴が良く、踏み出した

足の踵から着地して足裏から指先へ身体の重心を

前方に移動し、体重を足趾まで乗せて歩くように気を

つけると予防や症状の緩和になってきます。

母趾の変形がひどくなると、痛みで靴を履く事や

歩く事が困難になる場合があります。

他にも原因はいくつかあり、土踏まずが平たい

扁平足、立っている時や歩いている時に足趾が

地面につかない浮き指などです。

 

靴を変えることや、歩き方以外に効果的な運動があります。

 

①両母趾の間が2〜3センチ程開くようにゴムを掛けて開閉する。

 

②床にタオルを敷いて、足趾の屈伸で引き寄せる。

 

③足趾でジャンケンを繰り返す。

痛みや変形の度合によって出来ない場合は無理をしないでください。

 

無料体験・お問い合わせはこちら

・ひとりでの通院はむずかしい
・介護保険の枠がいっぱいだ
・家族が寝たきりにならないか心配だ


このようにお悩みの方は、訪問鍼灸・リハビリ・マッサージの無料体験をお試しください!


0120-963-547
9:00~18:00(定休日:日曜)