春は『肝』を大切に♪

五月になりました!

五月と言うと…何を連想しますか?

遊びが好きな方は「ゴールデンウィーク」!

競馬が好きな方は「皐月賞」!

魚が好きな方は「鯉のぼり」!

お茶が好きな方は「新茶」!

色が好きな方は「みどりの日」!

と、こんな感じでしょうか(笑)

 

実はこの時期、東洋医学的には『肝』と関係が深いのであります。

肝…?現代医学で言う『肝臓』とは似ているようで同じではありません。内臓は脳の命令で働くものだと考えられているのに対し、東洋医学では、五臓(肝・心・脾・肺・腎)は体の機能や、精神活動をつかさどり、また五臓それぞれが独立しているのではなく、お互いに助け合い、影響を及ぼし合っているという考え方です。

 

『肝』の性格は、木のようにのびのびすることが好きで、抑えつけられることを嫌います。つまりストレスに弱いです。

また、風の邪気にやられやすく、この時期のまだ肌寒い風にあたり過ぎると肝を傷めることがあります。

 

★今回はこの『肝』を元気にして、ゴキゲンな春を過ごす為のツボを紹介します!


ツボの名は『太衝〜たいしょう』

足の「親指」と「人差し指」の股の間を手の指でなぞって行くと行き止まりにぶつかります。そこが太衝です!

押すと…痛いような気持ちいいような、思わず「いたキモ〜」と言ってしまいたくなるところです。

ギュウ〜、ギュウ〜と1秒✖10回くらい押してください。

 

さあ、ツボ刺激をしながら、この春ものびのびとして、ストレスや、体を冷やすことなく気持ち良く過ごしていきましょうね♪

無料体験・お問い合わせはこちら

・ひとりでの通院はむずかしい
・介護保険の枠がいっぱいだ
・家族が寝たきりにならないか心配だ


このようにお悩みの方は、訪問鍼灸・リハビリ・マッサージの無料体験をお試しください!


0120-963-547
9:00~18:00(定休日:日曜)